大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

歯のケア デンタルフロス

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

 

フロスを使っていますか?

 欧米では「フロスか、さもなければ死か」(FLOSS OR DIE)といった言葉が知られているほど、

フロスを使わないとケアにならないとされています。

 日本では馴染みが少なく、周囲で使っている人が少ないこともあって、全く知らない人もいるはず。

ですがコンビニやドラッグストアには、ほぼ置いてあるでしょう。

 

 専用の糸を歯と歯の間に通して、食べカスを丁寧にかき出すのがフロスの基本。

しかも、歯と歯ぐきの間にある程度、食い込むことができるので、浅い歯周ポケットなら対応できます。

携帯しやすいコンパクトな物ですので、ぜひ習慣化してほしいケアアイテムです。

 

※ワンポイント※

デンタルフロスは糸状で必要な長さに切って使います。糸ようじも便利ですが、

デンタルフロスの方が細かい所にも届くので、ぜひ試してみてください。

 

フロスや歯間ブラシを使おう

・デンタルフロスワックス付き・・・滑りがいいので初診者向きですが、汚れも落ちにくい。

・デンタルフロスワックスなし・・・少し通しにくいですが、慣れればワックスなしの方がよく磨けます。

                   そのほか、香りはお好みでフッ素付きもあります。

・歯間ブラシ・・・SSSからLまで大きさが違うので、自分の歯間に合ったものを選びましょう。

         SSSでも入らない時は無理をせずデンタルフロスを使いましょう。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯のケア デンタルフロス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/214

コメントする