大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

フロスの正しい使い方とその効果

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

・歯と歯の間に糸を通すだけ

  日本ではフロスよりも歯間ブラシを使う人が多いのではないでしょうか。

爪楊枝を使うなら、歯間ブラスの方がより歯と歯茎には効果的なので、

いま歯間ブラシを利用しているのなら、継続して頂きたいです。

 ただフロスが優れている点は、ちょっとしたコツを覚えれば、歯間ブラシすらも入りにくいすき間まで

磨く事ができることです。小さな歯の人、歯間の狭い人はフロスから試してみてください。

 ネットなどではフロスの使い方が図示されていますが、要するに「歯と歯の間に糸を通す」事です。

最初は割り切って「歯の間を通せばいい」ぐらいの気持ちで1本ずつ通してみてください。

 歯と歯が接しているところをいかに通すかちょっと戸惑いますが、焦らずやれば通せるはずです。

できれば、夜、寝る前等の時間の余裕がある時から始めてみましょう。

毎日、夜だけでもいいので習慣にして下さい。

 

※ワンポイント※

デンタルフロスは虫歯や歯周病予防に加えて、口臭防止にも役立ちます。

歯ブラシでは歯の間の歯垢は約60%程度しか落とせませんが、フロスや歯間ブラシを

使うことで、80%以上落とすことができます。

 

・フロスも歯間ブラシも簡単です

  フロスは歯の間を通す感じで、歯ぐきまで食い込ませていくと、浅い歯周ポケットまで掃除できます。

歯間ブラシはブリッジのすき間などフロスがやりにくい場所に使うのも有効です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フロスの正しい使い方とその効果

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/226

コメントする