大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

自分に合った歯ブラシ選び

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

・やりたいケアに適した道具を選ぼう

  歯ブラシはいつも同じものを選んでいる人もいれば、価格で選んでいる人、

 新製品を次々と試す人などさまざまだと思います。

  歯ブラシで大切なことは、どの歯にもきちんと届いて磨けていることです。

 歯が小さいのに、大きな歯ブラシを使えば、すき間ができやすく磨き残しが増えてしまいます。

  毛の硬さは、好みがあると思いますが、歯の隅々までブラシの先端が届く事を目安にして下さい。

 また歯と歯茎の間もきちんと磨きましょう。

 ついでに歯茎のマッサージも効果的ですが、強くゴシゴシすればいいというわけではありません。

歯の表面の汚れも、強くこすり続けて大切なエナメル質に傷をつけてはいけません。

 歯磨きで取れない汚れや変色は、歯科医に相談した方がいいでしょう。

歯の健康状態と関係している場合もあります。

 歯磨き粉も、その機能をよく調べて選んでください。フッ素入りの歯磨き粉を使うなど、自分の目的に合うものを選んでください。また、歯磨き粉の効果を最大限に発揮させるのならその歯磨き粉の「適量」を使うように心がけて下さい。

 

・歯ブラシ、歯磨き粉選びの注意点

歯ブラシは奥歯までしっかり届くものを使う。

場合によっては小児用の歯ブラシで奥歯を磨くのもよい。

歯ブラシは月に1度取り換える。

ブラシ部分がすぐに拡がるとしたら、力の入れすぎ。こすりすぎに注意。

電動歯ブラシは丁寧に使わないと、磨き残しが増えやすい。

電動歯ブラシによっては本当に磨きたいところが磨けないものもある。

歯磨き粉だけでホワイトニングは難しいと思った方がいい。

歯磨き粉は適量つけること。

フッ素入りの歯磨き粉が効果的。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自分に合った歯ブラシ選び

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/228

コメントする