大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

爪楊枝を使い始めたら要注意!

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

・食べ物が挟まるのは危険信号

  「最近、爪楊枝が手放せない」と感じていませんか?もしかすると、それはあなたの歯が危険信号を

 発しているのかもしれません。

 「痛くもないし、出血もない」と思ったとしても、

 歯に食べ物がはさまるようになった原因を明らかにしないととんでもないことになってしまう可能性が 

 あるのです。

  例えば、歯と歯のすき間が広がった場合。それは歯茎が下がってきて、歯が伸びているような

 状態かもしれません。歯周病によって歯茎が危険な状態になっている可能性があります。

  さらに、歯が破損するなどして、そこに食べ物がはさまっているとしたら、それも危険です。

 かみ合わせが変わるなどして、歯が折れかかっているのかもしれません。または、弱ってきている

 歯をかばうために、ある歯だけに力が集中しているのかもしれません。

※ワンポイント※

 食べ物がはさまる原因が歯周病である場合、爪楊枝を使うことで歯茎を傷つけ、さらに悪化させてしまうこともあります。

 

・歯周病ですき間が増える

  いつの間にか歯垢や歯石が付着し、放置すると歯茎が溶けてしまいます。

 この部分は食べ物が残りやすく、細菌の活動を活発にしてしまうのです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 爪楊枝を使い始めたら要注意!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/230

コメントする