大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

舌に付いた細菌は口臭やトラブルのもと

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

●口内炎も歯に悪さをする

  「また口内炎ができた」「舌苔(ぜったい)が気になる」といった皆さん。これは、口の中の病気ですが、

 歯の健康とも関係が深いことをご存じでしょうか。

  炎症のきっかけは、口内の細菌が暴れて、免疫機能が負けること。つまり、口の中の細菌バランスが

 崩れてきている可能性が高い。原因としては、ストレスや間違って噛んだりしてできた傷、

 栄養不足など、さまざまです。弱ったところを細菌が攻撃してくるのです。

  歯周病が、歯と歯茎の間に細菌がたまって引き起こされるように、舌についた細菌が、舌苔に

 なっていくと考えられます。原因は口呼吸や消化系の疾患などです。

  いずれにせよこのような口の中は、口臭ばかりではなく様々なトラブルに発展しかねません。

 放置せず、しっかり治していくことが重要です。

※ワンポイント※

  口内炎が痛いからと歯磨きをサボると、さらに細菌が増えて悪化し、

 歯や歯ぐきにも悪影響となります。

 

●舌の健康にも注意しよう

  舌の表面は凹凸があり、乳頭と呼ばれています。そこにさまざまな物質が付着して

 舌苔になります。健康な舌は、乳頭が柔らかく唾液も豊富なので、こうした物質が付着しにくく

なっています。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 舌に付いた細菌は口臭やトラブルのもと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/241

コメントする