大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

入れ歯・ブリッジ

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

.・かぶせもの・ブリッジ・入れ歯の種類

①かぶせもの

  歯を失った場所に人工の歯(クラウン)を固定するものをいいます。

  歯根(歯の根)が残っている場合には、神経の処置をしたあとに、コアと呼ばれる土台を立てて、

  その上にクラウンをかぶせる方法で治療をするのが一般的です。

 

※歯が完全に失ってしまった場合の治療法には大きく、

  「ブリッジ」・「インプラント」・「入れ歯」があります。※

 

②ブリッジ 

  失った歯の両隣の歯を削り、そこに人工歯を装着する方法です。

  失った歯の代わりにポンティックとよばれる人工歯で補い、ポンティックとクラウンをつないだ

  ブリッジをかぶせます。両隣の歯がブリッジの固定源となります。

 

③インプラント

  自分の歯のようにしっかり噛めるだけでなく、周囲の歯を削らずにすみ、

  また、隣に支えとなる歯が無い場合にもできるのがメリットです。

  ただし、保険は基本的に使えません。また、インプラントは土台となる人工歯根を顎の骨の中に

  埋める手術が必要です。このため、重度の糖尿病など、術後の合併症が起こりやすい人や

  病状のコントロールができない人は手術を受けることができません。

  

④入れ歯

  入れ歯は取り外し可能な人工の装置です。総入れ歯と部分入れ歯があり、

  いずれも床(しょう)と呼ばれる、歯肉にあてる部分に人口の歯がのる形をしています。

  部分入れ歯は「クラスプ」とよばれる金属のバネを残った歯にひっかけて、

  はめ込む方法が一般的です。

  総入れ歯は床が歯肉に密着することで固定されるように作られています。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 入れ歯・ブリッジ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/249

コメントする