大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

歯ぐきの一部が赤くなったら要注意

こんにちは、香川花園歯科医院のスタッフです。

 

歯ぐきが赤いと思ったら、痛みのあるなしにかかわらず、細菌が入って暴れている「炎症」のサインです。

歯ぐきだけの炎症を「歯肉炎」、骨まで波及している状態を「歯周病」といいます。

 

歯周病では、歯垢が歯と歯ぐきの間にたまってくる初期段階には症状はほとんどありません。

歯ぐきの一部が赤くなってきたら要注意。歯垢を取ることができれば健康状態に回復できます。

これを放置すると歯周ポケットが深くなり、出血した膿がたまったりするのです。

 

症状がはっきり出る一歩手前で、歯医者に相談できればいいのですが、それが難しいです。

なので、普段からしっかり歯磨きすることと、定期的に歯医者に検診へ来ることで予防できるとおもいますので、いつでも電話お待ちしております。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯ぐきの一部が赤くなったら要注意

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/191

コメントする