大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

食べ物と口内細菌の関係とは?

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

・細菌が喜ぶものばかり食べていませんか?

 口の中に細菌がたくさんいて、それが悪さをすると虫歯や歯周病になる、

ということはおわかりいただけたと思います。

 

 「だったら、食べ物が大事じゃないの? 細菌を増やさない食べ物があるのでは?」

と思われたとすれば、なかなか鋭いです。

 

 とくに歯周病は、私たちの食生活が近代化してきたこと、欧米的になってきたことなども

関連していると言われています。

 

 軟らかい食べ物、甘い炭酸飲料などは、細菌にとってはとってもうれしい存在です。

どちらも、歯にべったりとつきやすく、それだけに唾液で流れにくく歯磨きでも取れにくいからです。

 

 大好物がたくさん歯についていれば、細菌も喜んで増えてしまいます。それが虫歯になったり、

かたまりになって歯垢、さらには歯石になっていくのです。

※歯のケアには食生活の改善も含まれます。※

 

・細菌が喜ぶ飲食とは

 甘いもの・・・ 砂糖などの糖分は、細菌を元気にさせます。

          糖質を分解した細菌の出す酸が歯をとかすのです。

 

 冷たいもの・・・ 糖分が多いことに気づかないので、つい糖分を取り過ぎます。

 

 炭酸飲料・・・ これも同様に 飲みやすいので糖分をよけいに摂取していることに

          気づきにくいものです。

 

 軟らかい食べ物・・・ 「口の中で溶けるような」感触の食べ物ばかりだと、

              深いところに食べカスが残りやすいので要注意です。

 

 寝る前の飲食・・・ 「ちょっとぐらいは」と就寝前に食べてそのまま寝てしまうと、

             睡眠中に細菌が大活躍!

 

{ワンポイント}

虫歯も歯周病も、「細菌感染」です。

細菌を喜ばせない食事を心がけましょう。                      

        

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 食べ物と口内細菌の関係とは?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/196

コメントする