大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

軟らかいものばかり食べていると病気になる?

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

 

日頃からできる簡単な歯の鍛え方

 「健康を維持するための筋トレみたいに、歯も鍛えることができるのかな?」と思っ方。

簡単にできるのでぜひ、歯をしっかり鍛えましょう。

 

 口の中に軟らかなものが入ると、あらゆるすき間に食べ物カスが付着し易くなります。

それが磨き残しの原因となって、さらに細菌を喜ばせて不健康になっていく「負の連鎖」が始まってしまいます。

 

 固いものが食べられるということは、ゴツゴツした食べ物が口の中に入るので、歯のすき間などには

入り込みにくいこともあって、より磨き残しが少なくなるわけです。

 日頃、食生活を含めて気をつけてさえいれば、歯を鍛えることは可能なのです。

 

※ワンポイント※

 固いものが苦手になる原因は、歯周病のほか、虫歯、親知らずの影響、奥歯の損失などが

考えられます。

しっかり噛んで食べる習慣を続けていくことが、健康のためには大切です。

 

歯の鍛え方

1.しっかり噛んで食べる・ ・ ・唾液を増やすことにもつながる

2.炭酸飲料、糖分の多い飲料を控える・ ・ ・冷たい飲み物、炭酸の入ったものは糖分を感じにくいの                                                                                                    で、大量に飲みがちで、それが歯に付着してしまう                                                            可能性を高めます。

3.姿勢をよくする・ ・ ・体のゆがみは、噛み合わせに影響します。いい姿勢でいることが

                                        歯とアゴを強くする。

4.根菜を意識して食べる・ ・ かみ応えがあり、唾液が出やすくなります。腸にもいい。

5.歯磨き,フロス・ ・ ・歯と歯ぐきを丁寧に。歯垢を減らし、血行をよくする。

6.舌をよく動かす・ ・ ・舌を動かすと唾液がよく出るようになり、歯をサポートしてくれます。

                                         舌の健康を意識するようにもなるので、ぜひ。                                                                                                                                

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 軟らかいものばかり食べていると病気になる?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/199

コメントする