大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

歯周病Q&A2

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

 

Q,①治療で出血するのは、当たり前?

A, 健康な歯茎は引き締まっているので、多少の刺激を加えても出血することはありません。

   しかし歯周病菌によって歯茎に炎症が起こっていると、歯ブラシが当たるぐらいの軽い刺激でも

   出血します。検査や治療の時に、ある程度出血するのも仕方ないといえるでしょう。

   

 

Q,②入れ歯やインプラントでも歯周病になるの?

A, 口の中の環境が悪ければ、プラークが付着して歯周病菌が繁殖し、歯肉に炎症が起きます。

   入れ歯は毎日洗い、残っている歯もしっかり磨きましょう。歯が一本も残っていない人も

   口をゆすぎ、舌の表面の清掃などを行い、清潔にして下さい。

   インプラント治療を受けた場合も、その後の歯磨きを怠ると、インプラントの周りに炎症が

   起こります。進行するとインプラント周囲炎になり、歯周病と同様に歯茎が腫れ、周りの骨が

   溶けていきます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病Q&A2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/246

コメントする