大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

入れ歯Q&A⑫

 

こんにちは

香川花園歯科医院のスタッフです。

 

Q.上の入れ歯はいいのですが

下の入れ歯の調子がいまひとつです。

すっきり食べたいのですが、、、。

 

A.上の入れ歯と下の入れ歯とでは、違いがあるのです。

 

 

総入れ歯は、唾液という水分によって上の入れ歯は上あごと歯ぐきに

下の入れ歯は歯ぐきにぴったりくっついています。

上の入れ歯は接する面積が大きいので比較的安定がよいのですが

下の入れ歯は接する面積が小さく、上ほど安定性がよくありません。

さらに、舌で入れ歯を動かしてしまうこともあります。

また、あごの骨は歯を失うと役目を終えてだんだんと痩せてきますが、

下のあごの骨のほうが上の骨よりも痩せやすい傾向があるようです。

こういった理由から「下の入れ歯は調子が悪い」と感じてしまうようです。

よく「上の入れ歯は今回作ったものがよいけれど、下の入れ歯は前に作ったもののほうが

よいのでそれで食べている」という方います。

上下別々でも、噛み合わせをきちんと調整することが可能な場合がありますから

両方の入れ歯を持って歯医者さんに相談して下さい。

それですっきり食べられることもあります。

 

参考文献:入れ歯のお悩み解決!

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 入れ歯Q&A⑫

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/175

コメントする