大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

歯周病Q&A1

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

Q,①歯磨きをしても、歯周病になる?

A,自分ではきちんと歯磨きをしているつもりでも、歯の裏側や歯と歯の間、

  奥歯の裏側や歯並びの悪い部分などは、磨き残していることがあります。

  また歯の形は複雑なので、歯ブラシだけでプラークを完全に取り除くのは困難です。

  自分の口に合った部分磨き用の歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを組み合わせて、

  丁寧に磨きましょう。1回の歯磨きで完璧にプラークを落とすには難しいもの。

  やはり毎食後1日3回の歯磨きを習慣にすることが理想です。

  最初はきちんと歯磨きができていても、磨く時の癖が出てくると、磨き残しのプラークが

  歯石になったりします。半年に1回程度は歯科医院でチェックしてもらいましょう。

 

 

Q,②歯周病になりやすい食べ物は?

A, べたべたした食べ物は、歯や歯茎にくっつき、歯周病菌のすみかであるプラークを作りやすく

  なります。とくに砂糖が多く含まれている食べ物は、プラークを作る細菌の活動を助けるため

  キャラメル、チョコレート等を食べた後には、きちんと歯磨きをしないといけません。

  逆に野菜やキノコなど食物繊維の多い食材は口の中に残りにくく、歯の表面の汚れを

  落とす効果があります。硬く、しっかり噛まないといけない食材は、唾液を十分に分泌させて

  汚れを流す効果があり、口内環境を良くしてくれます。

  

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病Q&A1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/245

コメントする