大阪 東大阪市の歯科医院 インプラント、審美歯科、 矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療は東大阪の香川花園歯科医院へ 休日診療 土日も診療
東大阪市 歯科は東大阪(河内花園)の香川花園歯科医院 休日診療 土日も診療

虫歯Q&A

こんにちは

河内花園駅から徒歩5分 香川花園歯科医院のスタッフです。

 

Q、①治療した歯がしみるようになってきた。またむし歯?

A、過去に治療した歯が、詰め物やかぶせ物のところからむし歯になることを「二次う蝕」と

  いいます。大人のむし歯の多くがこれだと言われています。

  詰め物やかぶせ物は、治療直後は歯にぴったりくっついていても、噛む力が加わるうちにすき間が

  できてきます。そこから食べかすやむし歯菌が侵入し、新たにむし歯になるのです。

  二次う蝕は歯の表面からではなく、削られたエナメル質や象牙質から始まるので、進行が早いと

  言われています。

  「治療した歯は汚れがたまりやすいので、より丁寧な歯磨きと、定期的なメンテナンスが必要。」

 

 

Q、②歯周病だとむし歯になりやすい?

A、歯周病になると歯茎が下がり、歯の根が露出します。根の表面を覆うセメント質は、エナメル質より

  軟らかくザラザラしているのでプラークが付きやすく、むし歯になりやすいのです。

  歯の根のむし歯を「根面う蝕」といい、中年以降、とくに高齢者に多く見られます。

  また、セメント質は取れやすくすぐに象牙質が露出します。しかも、セメント質や象牙質には、

  コンポジットレジンがしっかりとはくっつきません。歯科の諸器材はこれらの部分には

  使いにくいこともあり、治療が難しいとされています。

   

 

Q,③砂糖の入っていない飲み物は安心?

A、安心できません。エナメル質を溶かすのはむし歯菌ではなく、むし歯菌が糖分を分解して

  生み出す酸です。つまり、飲み物に砂糖が入っていなくても、それ自体が酸性なら

  エナメル質は溶けていきます。これが、近年患者が増えている「酸蝕症」です。

  酸蝕症の予防には、酸性に強い飲料や食品を取り過ぎないことが第一です。

  そうしたものをとった後は、お茶や水などの中性飲料で口をすすぐといいでしょう。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 虫歯Q&A

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hanazonoshika.com/mt/mt-tb.cgi/248

コメントする